[PR]

 死因が争われる民事訴訟で、重要な証拠となる司法解剖の写真を提出するよう遺族が求めた際、捜査機関は応じる義務があるのか。最高裁第三小法廷(林道晴裁判長)は24日付の決定で、一定の要件を満たせば応じる義務があるとの判断を示した。「写真は解剖が適正に行われたことを示す資料にもなる」と述べ、遺族側に提出を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら