在留外国人、最多の293万人 技能実習・留学生が増加 昨年末

有料会員記事

[PR]

 出入国在留管理庁は27日、昨年末時点の在留外国人数が前年末より約20万人増えて293万3137人となり、5年連続で過去最多を更新したと発表した。外国人技能実習生や留学生の増加が要因となってきたが、感染拡大が続く新型コロナウイルスの影響で今年に入って国際的な人の移動が制限されるようになっており、今後…

この記事は有料会員記事です。残り432文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら