[PR]

 東京電力は27日、福島第一原発事故で溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の取り出しを、3号機で2031年までに始める目標を明らかにした。廃炉の最難関工程とされるデブリ取り出しの時期が示されたのは、2号機に続いて2番目。

 昨年改訂された国と東電の廃炉工程表では、21年内に2号機から取り出しを始める方針が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも