(いま子どもたちは)原発を撮る:1 「やかん」の是非、映画で考える

有料会員記事

[PR]

 (No.1663)

 ピピピピ、ピピピピ……。

 男子高校生3人の目覚まし時計が、それぞれ鳴る。ドライヤーで髪を乾かす。オーブントースターでパンを焼く。電車に乗り、スマートフォンをスクロールする。そして、1人がこう語りかける。

 この電気がどこからきたか、考えたことがあるだろうか――。

 東京学…

この記事は有料会員記事です。残り2361文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら