[PR]

 私が物心ついた頃には、父は小さな活版印刷屋をしていました。必要な活字が手元にない時は、小学生だった私が自転車で10分ほどの活字屋まで買いに行きました。

 住宅兼工場みたいな家で、仕事中は寡黙でしたが、いつも眼鏡をかけて活字をいじっている父の気配がありました。怖いとか「雷オヤジ」という感じではなかっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも