[PR]

 「ヘビににらまれたカエル」とは、恐怖で身がすくんで動けない様子を例えた表現だ。だが、実はカエルが動かないのは、身がすくんでいるのではなく、逃げるための戦略だった。こんな研究結果を京都大の研究チームがまとめた。「通説」を覆すカエルの生き残り戦略とは……。

 研究チームは実験で、シマヘビとトノサマガエ…

この記事は有料会員記事です。残り863文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り863文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り863文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも