(憲法を考える)多様な人々の政治参加、阻むのは 重い障害ある2議員、国会で一歩

有料記事

[PR]

 ■憲法を考える 視点・論点・注目点

 昨年夏の参院選で、れいわ新選組の木村英子さん、舩後靖彦さんが当選した。重い障害のある2人は、当事者の声を政治に反映させようととりくむ。しかし、この社会に暮らす多様な課題の当事者にとって、政治参加は決して容易ではない。憲法がさだめる参政権は、みんなに保障されて…

この記事は有料記事です。残り3496文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント