「身の丈」発言、高校生が考えた 社会正義・入試の公平性=訂正・おわびあり

有料会員記事

[PR]

 「自分の身の丈に合わせて、頑張ってもらえば」。新年度から始まる大学入学共通テストでの英語民間試験活用見送りにもつながった、昨秋の萩生田光一文部科学相の発言。この発言をきっかけに、社会正義や試験における公平性について考える授業が、東京と大阪の高校であった。生徒たちはどう思考したのか。

 ■論理追う…

この記事は有料会員記事です。残り2413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。