[PR]

 東京電力ホールディングスは30日、福島第一原発事故で溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)を取り出す費用が2020~31年度の12年間分だけで1兆3700億円に上る、との見通しを発表した。このうち準備作業などの費用3500億円を20年3月期決算に特別損失として計上する。

 先に公表した「廃炉中長期実行プラ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも