[PR]

 公的年金の積立金の運用方針が新年度から変わる。マイナス金利政策の影響で利回りが見込みにくくなった国内債券での運用比率を35%から25%に下げる一方、外国債券を15%から25%に上げる。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が31日、発表した。

 積立金は、厚生労働省が所管するGPIFが国内外の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも