(ひととき)母の干し野菜

有料会員記事

[PR]

 「筍(たけのこ)ごはん」ののぼりがファミレスの前に並びました。

 タケノコが食べきれないほどとれると、熊本の母はよく干しタケノコをつくりました。皮をむくのは子どもでもできるおもしろい作業です。大鍋にぬかを入れてぐつぐつ煮たら、縦長に切って大きなざるに広げます。数日間天日干しをして、カチコチに乾いた…

この記事は有料会員記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載ひととき

この連載の一覧を見る