[PR]

 新型コロナウイルスの感染で嗅覚(きゅうかく)や味覚を感じなくなったという例が相次いだことを受け、日本耳鼻咽喉(いんこう)科学会は注意点をまとめた。においや味の異常があっても、発熱やせきなどの症状がなければ、いきなり医療機関を受診せず、2週間ほど不要不急の外出を控えて様子を見るよう呼びかけている。

 食事のにおいや味を感じなかったり、以前より鈍くなったりといった現象は、風邪や花粉症でも起こる。また、新型コロナウイルスの感染でこうした異常が出ても、自然に治ることが多いという。

 このため学会は、新型コロナウイルスの潜伏期間をふまえて、2週間は不要不急の外出を控え、体温を毎日測り、人と接する際にはマスクを着けるよう求めた。2週間たっても嗅覚や味覚が戻らず、発熱やせきがない場合は耳鼻咽喉科を受診して欲しいとした。

 一方、37.5度以上の発熱が4日以上続いたり、せきや息苦しさがあったりするときは、市区町村の帰国者・接触者相談センターへ相談するよう勧めている。

 学会の担当者は「新型コロナウイルスの感染者すべてに嗅覚や味覚の異常が出るわけではなく、風邪などとの区別もしにくい。自身の体を守ると同時に、人にうつさないことも重要だ」と話した。(辻外記子)

こんなニュースも