NY医師「命、選ばざるをえない」 足りぬ人手・病床・呼吸器、日本に警鐘 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染が広がる米ニューヨーク(NY)市で、集中治療室(ICU)にいる患者の対応を続ける医師のコルビン麻衣さん(36)が取材に応じた。勤務する大学病院は医療スタッフや病床、人工呼吸器が足りず、「命を選ばざるをえなくなっている」と説明。日本の現状にも危機感を募らせている。

 ■感染…

この記事は有料会員記事です。残り1416文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら