[PR]

 李龍徳(イ・ヨンドク)さんの『あなたが私を竹槍(たけやり)で突き殺す前に』(河出書房新社)は、在日韓国人へのヘイトを真っ正面から扱った長編小説だ。大阪府在住の在日韓国人3世はこう言う。「ヘイト花盛りの現代に生きていて、在日であり、作家である。書かざるを得なかった。時代に書かされた感じがある」

 …

この記事は有料会員記事です。残り868文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り868文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り868文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも