iPS移植、実用化へ着々 5例目、京大が血小板輸血 安全性→効果確かめる段階へ

有料記事

[PR]

 様々な細胞になれるiPS細胞人工多能性幹細胞)から、病気やケガで失われた細胞や組織をつくりだし、患者に移植する再生医療が、少しずつ実用化に近づいている。京都大の研究チームが3月25日、移植5例目となる血小板の輸血を発表した。今後は企業の動きも注目される。

ここから続き

 「皮膚からつくった(網膜組織の)細胞…

この記事は有料記事です。残り1273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!