[PR]

 三十年余前、京都・西陣の町医者、早川一光(かずてる)に話を聞いたことがある。延命医療や病院死に批判的で、論旨明快、人情家であった。彼は多発性骨髄腫で2018年、94歳で在宅死した。

 本書の前半は早川が地元紙に連載したコラム、後半はその死後、娘(著者)が綴(つづ)った思い出である。前半は西陣での医…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも