(社説余滴)石碑の崔氏が語るもの 中野晃

有料会員記事

[PR]

 石碑はすっかり黒ずんでいたが、刻まれた名前が、百余年前の非業の死を今に伝えている。

 熊本県人吉市の山あいにあるJR肥薩線の大畑(おこば)駅。明治の開業時から残るという木造駅舎から少し離れた線路脇に、碑は桜の木に囲まれて静かに立っていた。

 「鉄道工事中殉難病没者追悼紀念碑」は、付近の工区を請け負…

この記事は有料会員記事です。残り783文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載社説余滴

この連載の一覧を見る