[PR]

 2019年度の成績を対象とする第47回将棋大賞の記録部門が確定。53勝12敗(勝率0・815)で3年連続で勝率8割を超える成績を挙げた藤井聡太七段が3年連続で勝率1位となった。王将リーグに入ったことなどから対局数も昨年の53局から65局に増え、最多勝利賞も受賞した。

 最多対局賞は67対局の佐々木…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも