[PR]

 日本学士院(井村裕夫院長)は6日、2020年度の日本学士院賞を9人に贈ると決めた。精子や卵子のおおもととなる生殖細胞の発生メカニズムを解明し、試験管内での作製に成功した斎藤通紀・京都大教授(49)には恩賜賞も授与する。このほか、自然保護の基礎となる業績を対象に隔年で贈る日本学士院エジンバラ公賞には…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも