[PR]

 美しさと不穏さ。京都を拠点に、ベネチア・ビエンナーレなど内外で発表してきた美術家・久門剛史(1981年生まれ)による初の大規模個展は、第1室の「Force」(部分)から、ただならぬ気配が漂う。

 10メートル近い天井高の大展示室の壁に掛かるのは、アルミの板28枚。そこから伸びるアームの先には書見台…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも