[PR]

 京都大は6日、様々な体の組織になれるiPS細胞を使った再生医療や、がん、希少疾患などの治療法の効果や安全性を人で調べる臨床研究(治験)を重点的に実施する「次世代医療・iPS細胞治療研究センター」を開設した。こうした病棟を設置するのは国内初だという。

 大学の研究室が細胞や動物の実験で病気の治療法を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも