[PR]

 うららかな春の一日。満開の桜の下を3人の女性が歩いている。京都の市中で行商するため、北にある大原の里から柴(しば)や薪(たきぎ)などを運ぶ「大原女(おはらめ)」だ。

 約100年前の大正初期に描かれたこの桜の絵は、京都で活躍した土田麦僊(ばくせん)の若き日の代表作の一つ。穏やかな日常の風景だが、一…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも