[PR]

 感染症をテーマにした文学作品は数多いが、ポルトガルのノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」(雨沢泰訳、河出文庫)が描き出す世界はすさまじい。

 ある日、街中で車を運転していた男が突然失明する。原因不明のまま男の妻、診察した眼科医らへと次々に感染。拡大を恐れた政府は、介助する者が誰もいない収容…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも