[PR]

 1970年代初頭、一群の女性マンガ家たちが、それまでの定型化した少女マンガの題材と手法を打ち破って新しい表現に挑み、「花の24年組」と呼ばれました。昭和24年前後に生まれたマンガ家が主体だったからです。

 そのころ、少女マンガ最大の人気作は池田理代子の『ベルサイユのばら』でしたが、ふつう池田理代子…

この記事は有料会員記事です。残り982文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り982文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り982文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも