[PR]

 『夫婦善哉(めおとぜんざい)』などで在りし日の大阪を繰り返し描いた、オダサクこと織田作之助(1913~47)。生まれ故郷の大阪との関係が「これまで強調され過ぎてきたのではないか」と問題提起する解説書が出た。

 日本文学を研究する斎藤理生(まさお)・大阪大学准教授の『小説家、織田作之助』(大阪大学出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら