[PR]

 人形の冷たい体に腕を入れ、からくりを精緻(せいち)に操る指の先から熱い命を注ぎ込めば、遊女の唇が恋に震えて赤く艶(つや)めき、子を殺(あや)めた武将の眉間(みけん)に深い苦悩が刻まれる。

 太夫が語り三味線が奏でる浄瑠璃を、人形の首(かしら)と右手を担う主(おも)遣い、左手を動かす左遣い、足を持つ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも