[PR]

 かなり以前のことだが、フランス文学者の桑原武夫がこんなことをいっていた。津田左右吉は記紀神話の虚構性を暴いた歴史家であるが、その批判精神豊かな実証史家が日本文学史上最高の文学者に小林一茶の名をあげているのはいったいどうしたことか、と。何しろ津田は日本の歴史に登場してくる思想家や宗教家を次から次へと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも