[PR]

 中高教員 羽坂波子(神奈川県 41)

 「久方の月の桂を折るばかり家の風をも吹かせてしかな」

 菅原道真の母が、道真の成功を祈念し詠んだ和歌だそうです。我が子の日々の学びを思い起こし、「これだけ努力したのだからきっと……」という親心を感じます。

 この和歌が金文字で彫られた鉛筆を、私が担任していた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも