[PR]

 2012年12月、山梨県大月市の中央自動車道笹子トンネルで天井板が崩落し、9人が死亡した事故で、甲府地検は9日、検察審査会の議決を受けて業務上過失致死傷容疑で再捜査していた中日本高速道路の社員ら2人を再び不起訴処分(嫌疑不十分)とし、発表した。誰の刑事責任も問われないまま、事故の捜査は終結した。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも