[PR]

 さる2月18日に逝去した古井由吉氏は、小説のみならず、ムージルやブロッホの翻訳、リルケの訳詩、折々の随想にいたるまで、日本語表現の極致を示し続けた文の人だった。最後まで現役の作家であり続けた文業と人の魅力を限られた紙面で語ることは至難だが、まず、活字でしか接してこなかった読者には、インターネット上…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも