[PR]

 ■熟練の描写で問う「法とは何か」

 2013年刊行の『一路』は、19歳で家督を継いだ若き主人公が江戸への参勤を差配する物語だった。中山道の旅を描いたロードノベルであり、主人公の成長物語であり、そして根底には〈制度〉とは何かという読者への問いかけが込められていた。

 新刊『流人道中記』も、家督を継い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも