力士1人感染、角界で初 夏場所開催判断に影響も 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 大相撲の幕下以下の力士が10日、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と診断された。角界での感染確認は初めて。5月24日に開幕を延期した夏場所の開催方式は決定しておらず、判断に影響を及ぼしそうだ。

 日本相撲協会によると、力士は高熱などの症状で8日に都内の病院で受診。簡易検査では「陰性」と診断された…

この記事は有料会員記事です。残り423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら