(大志 藤井聡太のいる時代)鍛錬編:2 平成生まれの新名人、翌朝語った危機感

有料記事

[PR]

 夏を思わせる汗ばむ陽気だった。2019年5月17日。最高気温が29・3度に達した福岡県飯塚市で、将棋界最高峰の戦いが大詰めを迎えていた。

 第77期将棋名人戦七番勝負第4局の2日目。激しい攻防の末に、豊島将之挑戦者(29)が優位に立つ。午後8時59分、名人3連覇中の佐藤天彦・現九段(32)が「負け…

この記事は有料記事です。残り586文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント