衆院補選、コロナを前面 遠巻きに演説「やりにくい」 静岡4区

[PR]

 衆院静岡4区の補欠選挙が14日、告示された。新型コロナウイルスの感染が拡大する中で初の国政選挙。死去した前職の後継となった与党候補と野党4党の統一候補らがぶつかる構図で「次期衆院選の前哨戦」とも位置づけられるが、感染対策で活動が制約される選挙になった。

 望月義夫元環境相の死去に伴う選挙。受け付け開始時に立候補を届けたのはいずれも新顔で、無所属で元会社役員の山口賢三氏(72)、無所属で立憲民主、国民民主、共産、社民の4党が推薦する元都議の田中健氏(42)、自民公認で公明が推薦する元静岡県議の深沢陽一氏(43)の3人。

 各陣営とも、聴衆を集めた出陣式や個人演説会、党幹部の応援を自粛した。

 山口氏は静岡市清水区内で「安倍政権のコロナ対策は対症療法。必要なのは国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)の実践だ」と訴えた。

 田中氏は同区内で約30人の支援者が遠巻きに聴く中、政府の対策について「自粛と補償はセットでなければならない」と主張。立ち会った地元選出の榛葉賀津也参院議員(国民民主)は「やりにくい選挙だね」と話していた。

 深沢氏は同区内で「新型コロナの感染拡大を阻止していきたい」と訴えた。直前には自民党本部の岸田文雄政調会長とタブレット端末で通話し、岸田氏は「コロナ対策への声を受け止め、選挙活動を戦ってほしい」と激励した。

     *

 山口賢三(やまぐちけんぞう)72 無新 〈元〉設備設計業

 田中健(たなかけん)    42 無新 〈元〉都議 〈立〉〈国民〉〈共〉〈社〉

 深沢陽一(ふかざわよういち)43 自新 〈元〉県議 〈公〉

 (届け出順。年齢は投開票日現在。〈 〉内政党は推薦)