[PR]

 放射線医学総合研究所(放医研)の研究チームが、早期発見が難しい1センチ未満の膵(すい)がんを見つけることができる、新たな画像診断法を開発したと発表した。マウスの研究で従来のCTやMRIでは検出できない大きさの膵がんを見つけて治療することができ、生存期間も延びたという。

 膵がんは難治性のがんで、早…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも