[PR]

 江戸時代の人骨の歯に残っていた歯石のDNAから、当時食べられていた植物が科や属のレベルでわかったと、琉球大や東京大などの研究チームが発表した。過去の人々の食事や風俗といった暮らしぶりを解き明かすのにDNAが役立ちそうだ。論文は学術誌プロスワンに掲載された。

 琉球大の澤藤りかい研究員(現・総合研…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも