[PR]

 〈四章 東京 その六 大震災の日〉の続き。シベリア出兵と関東大震災で不景気に苦しむ日本にとって、資源が豊富な満州の重要性が増していた。要造の記憶は戻らないまま満州で商売を広げ、石炭でもうけ、石油を探した。ある日、要造は南満州鉄道の車中で、「鳳凰機関」のうわさ話を聞く。数年前、要造をそう呼ぶ古い友人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら