[PR]

 深い青色を帯びた津軽海峡の向こうに、うっすらと本州が見える。北海道最南端の松前町。ここまで来るのに、東京から新幹線とバスを乗り継ぎ、6時間以上かかった。

 雲間から陽光が降り注ぐ。滅びた者、帰らぬ者の懐かしさが胸をつく。あの男はどんな思いを抱いて、この北の海を航海したのだろう。

 のちに松前藩初代…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも