[PR]

 ■「こころ」の舞台、災禍の歴史

 今回の散歩を、東京都台東区上野2丁目の交差点から始めた。通り名は上野恩賜(おんし)公園にある不忍池(しのばずのいけ)に由来する。夏目漱石の作品の中で、とりわけ人気の高い長編小説「こころ」では、この公園が重要なシーンの舞台になっている。

 「こころ」は上中下の3部…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも