東野圭吾さん、初の電子書籍化 コロナで「特例」

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で書店の休業が増えるなか、講談社など出版7社は、東野圭吾さんの小説を初めて電子書籍化すると発表した。

 「白夜行」など代表作7作で、24日から販売する。東野さんはこれまで「書店を守るため」として電子書籍化はしてこなかった。今回は「コロナ禍で特例」としており、収…

この記事は有料記事です。残り145文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。