地位確認申し立て 「600人解雇」のタクシー会社運転手

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化を理由に、タクシー事業を営むロイヤルリムジン(東京都江東区)から解雇を通告されたのは解雇権の乱用にあたるとして、運転手の70代の男性が地位確認と賃金の支払いを求める仮処分を東京地裁に申し立てた。同社は約600人の乗務員を解雇する方針を示している。

ここから続き

 申請は1…

この記事は有料記事です。残り268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!