アニメ業界、労働現場の悲鳴 作品の増えすぎ・長時間・低賃金・残業代未払い…

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの影響で映画の公開延期や番組の放送延期が相次ぐアニメ業界だが、「働き方」でも揺れている。作品数の増え過ぎ、悪弊である長時間・低賃金労働、そして労働基準監督署の是正勧告や国の「働き方改革」が迫り、裁判も持ち上がった。作り手の「アニメ愛」と献身でしのぐやり方は破綻(はたん)寸前という…

この記事は有料会員記事です。残り1963文字有料会員になると続きをお読みいただけます。