(聖火は照らす)パラの「クラス分け」、矛盾と苦悩 障害が軽くなるほど、メダルは遠のく

有料会員記事

[PR]

 パラリンピックには、選手の障害の種類や程度によって有利不利が生じないよう、「クラス分け」が存在する。スポーツをすることで障害が軽くなり、クラス変更によりライバルが増える選手がいれば、症状が進行したことでメダル獲得に近づく選手もいる。競技者としての幸せと、人としての幸せが一致しないこともある。そんな…

この記事は有料会員記事です。残り3363文字有料会員になると続きをお読みいただけます。