[PR]

 世界の日本語学習者に30年以上にわたり自作の教材を提供している大森和夫さん、弘子さん夫妻(東京都立川市)が呼びかけた「日本語作文コンクール」(朝日新聞社後援)に66の国と地域から9086点の応募があり、入賞者57人が決まった。1等賞は、チャン・トゥー・チャンさん(ベトナム 名古屋大学職員)とレイレイピューさん(ミャンマー 会社員)の2作品。ほかの入賞者は、大森さん夫妻が主宰する「国際交流研究所」のホームページ(http://www.nihonwosiru.jp/別ウインドウで開きます)で発表している。

こんなニュースも