[PR]

 ■<歴史・時代>文化の力で世を動かすには 文芸評論家・末國善己

 千利休が切腹した理由は、これまでも多くの作家が描いてきた。弟子たちの視点で利休切腹までを追った『天下人の茶』を発表した伊東潤が、新たに利休に挑んだのが『茶聖』である。

 豊臣秀吉と手を組んだ利休は、茶の湯を使って天下を静謐(せいひつ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも