[PR]

 日本野球機構(NPB)は22日、プロ野球で昨年オフに引退、または戦力外通告を受けた選手の進路追跡調査(3月末現在)の結果を発表した。球団職員やコーチ就任などNPB内での再出発が60・6%を占め、資料が残る2011年以降で最も高い割合となった。一般企業への就職は12・6%にとどまった。

 外国人選手…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら