[PR]

 〈四章 東京 その六 大震災の日〉の続き。1931年、関東大震災時の事故で記憶を失った要造は、妻・夕顔の死にも無感動なのだった。やがて満州で鉄道が爆破されるが、關東軍の自作自演が露見、石原莞爾ら首謀者は左遷、スパイとして川島芳子は獄中死する。3年後、石原が要造のもとを訪れ、要造を鳳凰(ほうおう)機…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら