[PR]

 茜(あかね)の空に群青が迫り、見返り柳がぬるく湿った夜風にそよげば、遊女が手招く格子戸に艶(なま)めく灯火が揺らぎだす。東京・吉原遊郭は江戸の初めから移転をはさみ3世紀余、「お上」の許す公娼(こうしょう)が偽りで飾った愛を売る花街だった。

 「お歯黒どぶ」が囲む不夜城の北西は現在の台東区竜泉あたり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも