[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でこども病院でのボランティア活動などが制限されるなか、医療スタッフの一員として寄り添う「ファシリティドッグ」の役割が大きくなっている。活動は寄付に支えられているが、一方で「3密」となる資金集めのイベントが開けない事態になっており、関係者は協力を求めている。

 ファ…

この記事は有料会員記事です。残り869文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り869文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り869文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも