[PR]

 9日に没後10年を迎えた作家・劇作家の井上ひさしは、生き生きとした日本語で、奇想天外な物語や趣向を凝らした評伝劇を紡いだ。自ら「遅筆堂」と名乗ったが、その作品群は時代に遅れることなく、今も上演され、読まれ続けている。

 2月に「天保十二年のシェイクスピア」、3月に「きらめく星座」が上演された。前…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら